2012/1/20 久々に和田家へ

岐阜に用があり午後から我々夫婦の仲人、恩人でもある和田家を訪問しました。
昨年新築した和田家。
建設中に一度訪れて構造を見学して以来、完成を楽しみにしていました。
急な訪問にも関わらず美穂さんは快く受け入れてくれました。

ココからはまるで渡辺篤史の建物探訪のように家の隅々までくまなく見せていただきました。
まず玄関入ってすぐにギャラリーが...
美穂さんの創作した蜜蝋で造った作品が陳列されていました。
玄関ホールに面する廊下。
足を止めてみてしまうのが北側の風景。
殆ど建物が無く田んぼが続きます。
ピクチャーウィンドウから眺める風景は見る人の高さによって切り取られる景色が変わり、薄暗い廊下の先から差し込む壁いっぱいの光...見事な借景でした。
IMG_0162.JPG
いよいよリビングへ。
杉でできた勾配天井。壁の漆喰。檜の床。空間を彩る植栽と薪ストーブ。
IMG_0163.JPGIMG_0161.JPG
まるでカフェに行ったような錯覚をおこすくらい。
長居したくなる空間。
この包まれるような感覚は何だろう?
どうやらヒントはこの絶妙な天井高にあるようでした。
開放感がありつつ1階と2階の距離感が実に心地いい。
集いのリビングからはどの部屋に人がいても気配が感じられる。

以前読んだ清家清さんの「ゆたかさの住居学」という本に
...間仕切りの少ない家で大切なのはお互いの顔を合わせながら相手のプライバシーを思いやるという心情である。とかいてありました。

空間を提案をするのは建築家の役割。
生活をしていくのはそこに住む人の工夫。
和田家は夫婦で設計したこともあり生活を見据えた上で慎重な設計がされている印象を受けました。

本当にいい建物を見せていただきました。
いま進めている案件のヒントがたくさん見つかりました。
ありがとう!!またゆっくりお邪魔しますね。

2012/1/17 会社で初詣

毎年恒例の初詣に豊川稲荷に行ってきました。
今年は参拝したのが17日ということもあり、出店も無く境内をゆっくり見て回ることが出来ました。
毎年見ても思わずうなってしまう庇の出や屋根のむくり等々。
ここには神が宿ってる感じがします。
RIMG1096.JPGRIMG1100.JPGRIMG1108.JPGRIMG1119.JPG
今年はのぼりに祈願を毛筆で書してみんなで写真をパチリ。
年末に大工さんの一人がけがをされたこともあり、今年は「事業繁栄と身体健全」と書いてきました。
RIMG1118.JPGRIMG1117.JPG
RIMG1122.JPG←因にこれはB級グルメでおなじみ豊川名物『おきつねバーガー』

参拝が終わり、いざ西尾市の一色へ。
一色魚市場にあるお寿司屋さんにランチをしにいきました。
ネタは大きくて新鮮。いつもお世話になっている100円で回転しているお寿司とは、食感も違いました。
RIMG1124.JPG
お腹も満足したところで帰宅。
今年も出会い多き素敵な1年になりますように...

2012/1/16 松平康隆という人

現場に向かう車中。久々にAMラジオをつけていたときの話。
どこのラジオ局か忘れましたが、昨年から今年にかけてのスポーツの話題でラジオジョッキーとリポーターが話していました。
話題が昨年大晦日に亡くなられたバレーの松平監督の話になりました。

ここからはリポーターの話。覚えているところをかいつまんで掲載してみます。
「全日本バレー監督の松平康隆さんはアイデアマンで発想が非常に豊かでした。
彼の発明で有名なのが一人時間差攻撃やAクイック。
今までにない発想で世界に日本バレーの名を知らしめた立役者でした。
彼人身は身長が163cmしかなく190cmの選手を自由自在に扱うことから、ヨーロッパの新聞では日本チームのことを’日本サーカス’と呼んでいた時期もあったとか。
そして圧巻だったのは、一人時間差攻撃やAクイックの発明は松本清張の「点と線」というサスペンス小説から得たものというくだり。

※ここで松本清張の「点と線」を簡単に説明をします。
舞台は東京駅。1番線から13番線まで随時電車が止まっているため見通すことは出来ないそうです。
しかし1日のうちで数分1番線から13番線まで見通せる瞬間があるそうです。
それが「点と線」の事件を解決する鍵なんだそうですが、ここにバレーの攻撃のヒントを松平監督は見つけたそうです。

トスが上がり一緒に飛べばアタッカーは相手のコートが見えません。
タイミングをずらすことでブロックが無くなり相手のコートに自信を持ってボールを打ち込める...

現場からの帰る途中、思わず路肩に車を止めノートに書き留めました。
私自身剣道をやっていて、上達のヒントを剣道雑誌や専門書等。直接的に求めがちですがヒントはあらゆるところに落ちているんですね。
ようはアンテナの張り方の違いといいますか...
視野を広く持つことの大切さを学んだ気がしました。

2012/1/14 結婚式

今日はいとこの結婚式で朝から各務原にある川上別荘に行ってきました。
新婦のいとこと新郎も幼い頃からの知り合いということで、共通の友人のような立場で参加いたしました。
共通ということでスピーチと余興を依頼され、朝から少し緊張気味...

しかし緊張ばかりしていられません。
ここは川上別荘。
文化財でなかなか入ることのでいない施設。
結婚参列者しか入れない宅内の見学にすっかり今日が結婚式であることを忘れるくらい、のめり込んで建築探訪してしまいました。

以下川上別荘の紹介です。
RIMG0979.JPGRIMG0984.JPG←外観 屋根瓦は南部鉄でできている。3万円/枚
RIMG0980.JPG←建築家泣かせのこの小庇。焼きガラスで出来ていて半透明の光がやさしい。
RIMG0990.JPG
RIMG0946.JPGRIMG0961.JPGRIMG0949.JPG←内部は各部屋ごとにテーマがありちなみにこの写真は琉球や台湾を意識しています
RIMG0951.JPGRIMG0953.JPG←浴室と脱衣室にはこの当時には珍しい床暖房さを採用しています
RIMG0973.JPGRIMG0939.JPG←障子枠のディテール。曲線が美しい。女性らしさが伺えます。
RIMG0976.JPGRIMG0936.JPG←当日の花のディスプレイ。梅や桜をモチーフにした飾り付け。桜ヒルズだけにさすが。しかも繊細。和独特の暗さの中、日に照らされた生け花は立体的な絵画を見ているよう。
RIMG0998.JPG←いとこの久美ちゃん本当に奇麗でした。

結婚式は昼過ぎにお開き。笑いあり涙ありの本当に素敵な結婚式でした。
哲ちゃん久美ちゃん末永くお幸せにね!

2012/1/8 祝勝会

今年で3年目になる専門学校の講師の仕事。
10月に仕事が終わり昨年12月15日に発表がありました。
発表までおよそ2ヶ月。ながいっ...
生徒も講師も期待と不安で、地に足が付かないような毎日を過ごす訳です。

今日は毎年恒例の祝賀会。
場所は名古屋ヒルトン。
難関の試験に共に戦った生徒さんとの久々の対面。
合格後ということもあり生徒の皆さんは講義の時とは全く違う表情で充実した笑顔。
毎年試験に臨むまでの苦労話を各々の生徒さんに聞いてまわります。
家庭サービスが手薄になってしまったことや、仕事との両立で血尿まで出た話だとか...
生徒の皆さんは生活と仕事を両立しながら試験に臨んできました。
自身の受験を思い出しました。

各エリアごとに集合してパチリ!
皆さん本当にお疲れさまでした。
今日からは同志です。
1級建築士のプライドを持ってがんばりましょう!!

2012/1/3 寂聴さん

最近ゆっくり読書が出来ていません。
この正月休みを利用して読みたかった本を読むことにしました。
今日は瀬戸内寂聴さんの「あおぞら説法1」という本。

この本は1998年にかかれた本で冒頭には95年におきた阪神大震災に触れてかいてあります。
昨年東北でおきた大地震と文章を読み重ねながら読み進めていきますと次のようなことがかかれていました。

仏様の耳が大きいのはなぜ?
それは仏様がみんなも言うことを聞いてくださるという印だと私は思うんです。
悲しいこと苦しいことを口にすると胸がすっとする。
兼好法師も“物言わぬは腹ふくるるわざ”と言っております。
意味は言いたいことを言わないでいるとお腹がふくれちゃう。
我々が出来ること。それは話を聞いてあげること。

阪神大震災で問題になった高齢者の孤独死や自殺。
震災後に赴かれた寂聴さん。説法をしにいくのではなく苦しんでいる人たちの話を聞きにいかれました。

人の話は全身全霊で本気になって聞けば、それだけ相手の心は和みます。
聞く方も話す方も同じ感情になれば一緒に泣けます。
人間に出来ることはせいぜいそんなことですよ。

話し上手は聞き上手。
心を通わすのに大切なことは人の話に耳を傾けることなんでしょう。
大変勉強になりました。

2012/1/2 千代保稲荷神社

初詣で千代保稲荷神社に行ってきました。
ココに参拝するのは遠藤家では毎年の恒例行事になっています。

おちょぼさんの愛称で親しまれている千代保稲荷神社。
商売繁盛や家内安全の神様として知られ、年間200万人の参拝者が訪れるそうです。

入り口付近で手を清め、お揚げとロウソクを購入し参拝します。
毎年同じような時間に訪れるのですが、不景気のせいか、昨年今年と参拝者が増えているような気がしました。

参拝を終え、おみくじを引きもう一つのお楽しみ。B級グルメ巡りです。
境内には、漬物屋さん・名物の草餅の店・川魚店・八百屋さん...等が軒を連ねています。
中でも一番のおすすめが串カツ屋さん。寒い中食べる串カツは絶品で朝9時にもかかわらず、怒濤の勢いで熱々のカツを口に運びます。
串の種類は、ドテ煮。揚げカツにソースを掛けて食べるタイプ。揚げカツに味噌ダレを掛けて食べるタイプの三種類。
この後食べ過ぎで胃にもたれて後悔するのも毎年の恒例行事。
今日も昼ご飯は抜きで過ごしました。

帰ってからおみくじを開いてみると次のようにかかれていました。
希望 一歩後退二歩前進。あまり無理せぬこと。(希望は人を成功に導く信仰である。)
ありがたいお言葉。
一件一件心を込めて丁寧な接客すること...商売はこれに尽きるかも知れません。
今年も素敵な出会いがありますように。
本年もよろしくお願いいたします。


2012/1/1 2012の幕開け

明けましておめでとうございます。
皆様にとって平穏無事な一年となりますことを
心より願っております。

2013/10/01〜
過去のブログにリンク
2014/6/01〜
過去のブログにリンク
2013/9/01〜
過去のブログにリンク
2013/8/01〜
過去のブログにリンク
2013/7/01〜
過去のブログにリンク
2013/6/01〜
過去のブログにリンク
2013/5/01〜
過去のブログにリンク
2013/4/01〜
過去のブログにリンク
2013/3/01〜
過去のブログにリンク
2013/2/01〜
過去のブログにリンク
2013/1/01〜
過去のブログにリンク
2012/12/01〜
過去のブログにリンク
2012/11/01〜
過去のブログにリンク
2012/10/01〜
過去のブログにリンク
2012/09/01〜
過去のブログにリンク
2012/08/01〜
過去のブログにリンク
2012/07/01〜
過去のブログにリンク
2012/06/01〜
過去のブログにリンク
2012/05/01〜
過去のブログにリンク
2012/04/01〜
過去のブログにリンク
2012/03/01〜
過去のブログにリンク
2012/02/01〜
過去のブログにリンク
2012/01/01〜
過去のブログにリンク
2011/12/01〜
過去のブログにリンク
2011/11/01〜
過去のブログにリンク
2011/10/01〜
過去のブログにリンク
2011/07/01〜
過去のブログにリンク
2011/06/01〜
過去のブログにリンク
2011/05/01〜
過去のブログにリンク
2011/04/01〜
過去のブログにリンク
2011/03/01〜
過去のブログにリンク
2011/02/01〜
過去のブログにリンク
2011/01/01〜
過去のブログにリンク
2010/12/01〜
過去のブログにリンク
2010/11/01〜
過去のブログにリンク
2010/10/01〜
過去のブログにリンク
2010/07/01〜
過去のブログにリンク
2010/06/01〜
過去のブログにリンク
2010/05/01〜
過去のブログにリンク
2010/04/01〜
過去のブログにリンク
2010/03/01〜
過去のブログにリンク
2010/02/01〜
過去のブログにリンク
2010/01/01〜
過去のブログにリンク
2009/10/01〜12/31
過去のブログにリンク
2009/05/01〜09/30
過去のブログにリンク