2009/12/28 ギフ建忘年会

師走も早いもので今日は28日。
七宗工場の年末恒例の大掃除をしてから忘年会をしました。
2人の大工さんは猟師も兼業でやっていて珍しい食材をいつも提供していただいています。
いつもありがとうございます。
今回は新鮮なイノシシの肉をふんだんに使ったシシ鍋。
コラーゲンたっぷりでおいしかったです。
サイズ変更回転DSC01341.JPG
ムードメーカーの吉村大工さんからいただいた大根。
いただいたのはいいのですが、包丁が入れにくいですね。
(※あえてこの画像は拡大しません)
サイズ変更回転DSC01350.JPG
鍋を暖めるのはだるまストーブ。
サイズ変更回転DSC01346.JPG
☝このだるまストーブは創業当時からあるもので50年休憩所に設置されています。
現場から出た廃材でいつも暖をとっています。冬期のみ大活躍!
鋳物製だそうですが、哀愁が漂ってますでしょ。
だるまストーブは不思議なもので会話は弾むし、人が寄ってきます。
周りを暖かく包み込むような、器のおおきい存在ですね。だるまストーブ。
ああ。こんな人間になりたい...

さて、ギフ建関係者の皆様。今年もお世話になりました。

そして知り合うことが出来ましたお客様。
本当にありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします。良いお年を!!


2009/12/20

ギフ建裏にある納古山に散歩をかねて写真を撮ってきました。
昨日降った雪の影響で山の景色がすっかり変わっていました。
秋に落ちた枯葉や草はすべて白に覆われ、まさに銀世界。
サイズ変更回転DSC01268.JPG
子供の頃よく遊んだ滝やダムも見て回りました。
DSC01300.JPG
最近納古山は登山客で賑わっていることもあり、
道が整備され散歩も快適でした。
頂上は360度にはらしがよく、快晴だと名古屋駅のツインタワーも見ることが出来ます。
興味のある方はこちらまで!!納古山情報

2009/12/2

小牧市O邸デッキ設置工事が完成いたしました。
打ち合わせでお施主様よりリビングからデッキを介して車いすで直接外部へ出入りしたいとのご要望がありました。
ハートビル法上、一般に外部スロープは1/15の勾配ですが周辺環境に配慮して1/12の勾配で見直しいたしました。

IMGP0033.JPG

デッキ材は’セランガンバツ’という東南アジアの材料。
アイアンウッドとも呼ばれ、水に沈むそうです。
耐久性があり防腐効果も高い。
東京の某有名レジャー施設のデッキにも使われているそうです。

IMGP0035.JPG

コンクリート部分は刷毛引き仕上げで車いすの車輪との抵抗をふやし、スリップ防止の工夫をいたしました。
IMGP0041.JPG
材料費は少々高くつくかもしれませんが、維持管理のしやすさと耐久性.耐水性を考えるとお薦めしたい商品です。

2009/12/1

お客様のご好意により名東区O邸改修工事の見学会を開催いたしました。
現在新築を検討中のH様ファミリーにご参加いただきました。
O様H様どちらの奥様もステンレスにこだわりがありお互いに意気投合していらっしゃいました。

DSC01002.JPG改修前(築30年在来工法)
IMGP9764.JPG改修中
IMGP0042.JPG改修後(キッチン:クリナップSS)

当初昼間でも灯りがないと料理が出来なかった北側のダイニングキッチンは、☝3枚の写真のように形を変え生まれ変わりました。

改修中。天井をめくってみると天井裏から表情豊かな梁が顔を出しました。
今まで舞台裏で屋根を支え続けた梁。
30年の時を経て、ウレタン塗装で化粧をし、ついに表舞台へ!
歴史の深さを感じますね。

IMGP0067.JPG改修後(ダイニングキッチン収納とペンダントライト)

さて早いもので、今日師走をむかえました。
工事も後半戦。気を引き締め、完成を目指しましょう!

※当物件(O邸改修工事)完成しましたら'WORKS'にアップしますのでご覧ください。


O様...見学会場として利用させていただきありがとうございました。
H様...遠いところご来場ありがとうございました。

2009/11/22

休みを利用して岐阜市にある臨済宗派の一乗寺に銀杏を見に行きました。
駐車場から一乗寺に向かう歩道は銀杏で埋め尽くされ黄色いじゅうたんと化していました。

IMGP9956.JPG

境内の一部にはカフェが設けられています。
今日は肌寒い日でしたのでカフェは満員。
コーヒーはまたの機会です。

IMGP9977.JPG広い敷地の中には竹林もあり銀杏の黄色と竹の緑のコントラストがとてもきれいでした。
’灯台元暗し’とはまさにこのことで地元にもいっぱいすてきな場所があるものですね。

2009/11/21

下請け業者の松浦板金さんのお誘いで少し早めの忘年会が行われました。
招かれたのは松浦さんの別荘のある川辺町久田見という集落。
ウィークエンドハウスのつもりで松浦さん本人が計画していたところ、
奥様沖縄好きということで急遽設計変更。

圧巻なのは沖縄の民家独特の丸瓦を板金ですべて加工製作したところ。
本業のなせる業!脱帽です。
IMGP9922.JPGIMGP9930.JPG←板金製瓦

敷地内には牧場がありメスのヤギが歓迎してくれました。
IMGP9923.JPG

宴が始まり食材が次々へと捌かれていきました。
社員後藤さんの鮎の塩焼き。
大工兼猟師の竹村さんの鹿刺。
同じく大工兼猟師の吉村さんの猪肉。
IMGP9933.JPGIMGP9936.JPG
日頃なかなか口に出来ないごちそうにしばし舌鼓。
IMGP9939.JPG
室内にはカラオケも設置してあるので宴は大盛り上がり。
結局お風呂までいただいて5時間に及ぶ忘年会はお開きになりました。

夜9時過ぎの川辺町久田見。
街灯が全くなく、夜はこんなに暗かったのかと
当たり前のことですが痛感いたしました。

そして空気の澄んでいるせいか、夜空の星の数はいつもより余分に見ることが出来ました。
電気のない生活もたまにはいいものですね。

松浦さんそして関係者の皆さん本当にありがとうございました。


2009/11/3

今日嫁のお父さんが実家に訪れました。
久々に娘を見て大きくなったと喜んでおりました。

さてお父さんは以前某電力会社に勤務しておりましたが、
手先がとても器用なアイデアマンでいつも他分野にわたる作品を制作し周囲を驚かせています。

今回は孫に紙芝居を...ということで紙芝居ステージを制作したそうです。
以下写真とコメントです。

IMGP9816.JPGIMGP9817.JPGオープン!!
持ち運びも出来るように上部に取手がついています。

ディテールにもこだわっており、
IMGP9825.JPGあたりの柔らかい取手。

IMGP9820.JPG白いボタンを押すと最前にある紙芝居が一枚だけ飛び出るからくり付き!

写真では表現できませんが、裏にはアクリルで作ったバネが仕込まれておりどんな厚さの紙芝居でも観客側に押し出されるのでステージ内でカタカタしないようになっています。(←ここ表現むつかしい。実際見て欲しい!)

金具やバネはすべてホームセンターや廃材で制作しているそうです。

ただただ脱帽でした。

今後我が社も子供たちを対象とした企業としての試みもしていきたいなあと改めて思いました。

ほっこりした、そして実のある一日でした。



2009/11/1

休日を利用して自宅の設計をしました。
自邸ということで実験的な試みをいくつか検討しています。

設計にはいくつか制約があります。
予算、立地条件、設備、構造などなど。

今回特徴的なのは太陽熱を利用したソーラーハウスを検討しているので、
断熱性や蓄熱層の確保、最も有効に太陽の熱が確保できる建物の方向や屋根勾配などの制約があるのです。
制約が多いほど建物のカタチは明確化していきます。

また住宅は、家族の成長と共に変化していきます。
初めから大きく計画しすぎず、必要最小限で押さえるよう検討しています。

そこで役立つのは家族の年表。

縦軸に家族メンバーの名前。横軸に建物の年数と家族の年齢を並べます。
すると...
家のローン計画と子供の教育費。
子供部屋が必要になる時期と子供の性別。
老後のライフスタイル等々
家の設計と家族の将来設計は切り離せない関係なんですね。
改めて痛感いたしました。

竣工目標は来年5月。
工程はかなりタイトですが、進めていこうと思います。
IMGP9811.JPGIMGP9814.JPG

2009/10/29

名東区O邸。
今日いよいよ天井に窓がつきました。
以前からお施主様がO様が抱えられている問題の解決策として提案いたしました。

IMGP9761.JPG

昨日まで昼までも照明がないと暗くて作業が出来ませんでしたが、
天窓がついた今日は夕方4時過ぎまで照明なしで現場作業が出来ました。

IMGP9764.JPG

勾配天井の化粧梁をも演出してくれる光の照明(天窓)。
仕上げが楽しみになってきました。

2009/10/25

今日は弊社で設計施工をした築後2年、4年のお宅のオープンハウスを催しました。
美濃加茂市内のK崎邸とK上邸です。
どちらのお宅も家を大切に維持していただいている様子。
K崎邸はお施主様自ら日曜大工で駐輪場を増築...
K上邸は植栽を手入れして緑豊かな庭作りを...
とどちらのお宅も竣工時より魅力的な建物になっていました。
また両宅に使用していた無垢の床材は蜜蝋やオスモで手入れをされているため、深い光沢を醸し出していました。
一般の新築出来たての家とは一風変わったオープンハウスでしたが、生活感が垣間見えて現実味のある見学だったかと思います。
IMGP9740.JPGIMGP9756.JPG

K崎様。
K上様。
お休みのところ貴重な時間を割いていただいてありがとうございました。

2009/10/19

名東区O邸改修工事が始まりました。
築30年。
現在、O様が抱えられている問題点は
DSC01002.JPG1.北側のダイニングキッチンは昼間でも
           電気を点灯しないと家事ができない

DSC01000.JPG2.家の数カ所に見られる雨漏り

IMGP9713.JPG3.シロアリの被害に悩まされるお風呂

IMGP9705.JPG4.北側の排水枡破損による地中の空洞化
等々。

改修工事の良さはお客様が抱えている悩みをピンポイントで解消できる点。

約1ヶ月の改修工事。
解消した箇所をその都度紹介していこうと思います。

2009/10/11

今日は久々の家族と過ごした休日でした。

今年の夏から毎週日曜、1級建築士資格の専門学校で講師の仕事をしていました。
先週3ヶ月弱のカリキュラムが終了し、今日は本試の日なのです。

1級建築士の製図試験は長く、朝の11時開始で終了は夕方5時半...6時間半の長期戦です。

昼間は家族と公園で過ごしていましたが、生徒さんの顔が思い出され公園でそわそわしていました。
毎週の授業をしている時間と比べ、公園で過ごす時間は本当にゆっくりと流れていきました。
公園を後にしたのが午後2時。

そろそろエスキスから作図に取りかかる時間だな...

その後買い物を済ませ、車に乗りこんだのがちょうど5時半。
試験終了時間。
長い長い一日でした。

生徒の皆さん。受験生の皆さん。本当にお疲れさまでした。
試験発表のクリスマスまでゆっくり過ごしてください。
そしてお世話になった家族.恋人.会社の人たちに恩返しをしましょう。
きっといい結果が届くはずです。

DSC00638.JPG

2009/10/5

昨晩 ”情熱大陸”という番組で、全日本剣道選手権を制覇した寺本将司選手のドキュメントが放映されました。
剣道世界大会団体戦で13連覇していた日本が昨年アメリカに負け、再起をかけた今年の大会。
大将を任されたのは寺本選手でした。
もう負ける訳にはいかないという重圧の中、準決勝で宿敵韓国を破り、決勝ではアメリカに快勝。
名誉ある功績なんですが、日本国内で剣道はまだまだマイナースポーツ‥
新聞の記事に写真はなく、マスコミでも殆ど取り上げられない‥‥
悲しい現実です。30分の番組はあっという間に終了しました。
剣道は修行的な要素が多く、スポーツというよりもやはり武道と呼ぶにふさわしいのでしょうね。

先日、新渡戸稲造の”武士道”を読んだのですが
西洋人と日本人についての違いについて

西洋人の愛でるばらの花は甘美さの陰にとげを隠している。
風に吹かれても散ることなく枝についたまま朽ち果てることを好むかのような‥‥
「生」への執着。
それに対して美しくはかなく風のままに潔く散ってしまう
私たち日本人の美的感覚に訴える桜の花‥‥
花は桜木 人は武士
武士たちは「どう美しく死ぬか」を追求したが、同時に「何のために生きるか」という哲学に帰着する‥

とありました。
日本人がお花見が好きなことだとか、甲子園シーズンの新聞で負けたチームにスポットがあたる理由も何となく納得できる気がします。
やはり日本人の根底には武士道が刷り込まれているのでしょうか。
剣道だけに限らず、日本の古き良き伝統がこれからも継承されるといいですね。
サイズ変更サイズ変更IMGP9950.JPG




2013/10/01〜
過去のブログにリンク
2014/6/01〜
過去のブログにリンク
2013/9/01〜
過去のブログにリンク
2013/8/01〜
過去のブログにリンク
2013/7/01〜
過去のブログにリンク
2013/6/01〜
過去のブログにリンク
2013/5/01〜
過去のブログにリンク
2013/4/01〜
過去のブログにリンク
2013/3/01〜
過去のブログにリンク
2013/2/01〜
過去のブログにリンク
2013/1/01〜
過去のブログにリンク
2012/12/01〜
過去のブログにリンク
2012/11/01〜
過去のブログにリンク
2012/10/01〜
過去のブログにリンク
2012/09/01〜
過去のブログにリンク
2012/08/01〜
過去のブログにリンク
2012/07/01〜
過去のブログにリンク
2012/06/01〜
過去のブログにリンク
2012/05/01〜
過去のブログにリンク
2012/04/01〜
過去のブログにリンク
2012/03/01〜
過去のブログにリンク
2012/02/01〜
過去のブログにリンク
2012/01/01〜
過去のブログにリンク
2011/12/01〜
過去のブログにリンク
2011/11/01〜
過去のブログにリンク
2011/10/01〜
過去のブログにリンク
2011/07/01〜
過去のブログにリンク
2011/06/01〜
過去のブログにリンク
2011/05/01〜
過去のブログにリンク
2011/04/01〜
過去のブログにリンク
2011/03/01〜
過去のブログにリンク
2011/02/01〜
過去のブログにリンク
2011/01/01〜
過去のブログにリンク
2010/12/01〜
過去のブログにリンク
2010/11/01〜
過去のブログにリンク
2010/10/01〜
過去のブログにリンク
2010/07/01〜
過去のブログにリンク
2010/06/01〜
過去のブログにリンク
2010/05/01〜
過去のブログにリンク
2010/04/01〜
過去のブログにリンク
2010/03/01〜
過去のブログにリンク
2010/02/01〜
過去のブログにリンク
2010/01/01〜
過去のブログにリンク
2009/10/01〜12/31
過去のブログにリンク
2009/05/01〜09/30
過去のブログにリンク