2012/5/26 一期一会 第二章

24日に引き続き新築工事の打ち合せをさせていただきました。
春日井でお住まいのS様ご夫婦。
息子さんがお二人いらっしゃるそうで長男さんが小学校に入学するまでに可児市に引っ越しをしてきたいとのご要望でした。

奥様はご自分の’好き’というものをよく研究されている方で資料を持ち込んでイメージをたくさんお伝えいただきました。

次にご主人はといいますと...
なんと!ご主人は愛知県代表で高校2年生の時、甲子園を経験されていたとのこと。
打順は3番。外野を守っていたそうでがっちりした体つきは学生時代に培ったものだったのですね。
...そしてなんとなんと!ご主人のお父さんは元プロ野球選手。
広島でプレーしていたそうです。

進学の話や野球の苦労話などなど貴重なお話をいっぱい聞かせていただけました。
プロへの道のりは狭き門なんですね。

身近にはなかなか出会えない方達と出会い生のお話が聞ける...
建築って本当にいい仕事ですね。
最近つくづく実感いたします。

S様ご夫婦。
今後ともよろしくお願いいたします。

2012/5/24 一期一会

昨日事務所にお客様から『家を検討しています』との連絡が入り早速今日事務所で打ち合せがしたいとのご依頼をいただきました。
弊社は社員4人と微弱な会社。
営業がいる訳でもなく広告宣伝などの経費はありません。
仕事の開拓は殆ど御施主様の紹介ですのでこのようなケースは滅多にありません。
免疫がないのです。

昼過ぎ。可愛い男の子と素敵なご夫婦。
ご主人の礼儀正しさは後から思うと剣道家の魂からか...

ホームページを閲覧いただいているご様子で、弊社の建てている建物も見ていただいているようでした。
打ち合せの中で私の自宅を気に入っていただいているようで本当に設計冥利に尽きるというか...

あまりの嬉しさに開始5分で汗が噴き出し、自宅の話をかなりの時間話していたような...
これって設計業務的には失格ですよね。

それでも話を進めていくうちにご主人の職業に伴う配慮や奥様の趣味。
そして家を守る奥様と可愛い子供さん達との関わり方等々...部屋配置のヒントがたくさん得られたような気がしました。

ヒアリングで最も気になったこと。
それは我が家を8年がかりで完成させようとしているご主人のお父さんのこと。
元々大工さんだったそうで、なんと今年その家が完成するとのこと。
来週の敷地測量の際には是非拝見させていただきたいなあ。

あっという間の打ち合せでしたが、内容の濃い時間を過ごさせていただきました。

H様ご夫婦。本日はご来店ありがとうございました。

一期一会。
出会いに感謝感謝。

2012/5/17 ゆりかご助産院

今年12月の第二子の誕生を控え、先月あたりから出産の場所と方法を嫁と相談していました。
一人目の産婦人科はとても食事がおいしくいい病院でした。無事娘も成長していますしとても満足しています。
しかし二人目の子は好きな姿勢で家族と出産に臨みたいということで県下の産婦人科の検索をインターネットでしていました。
探している最中、弊社の竣工写真を担当してくれているyoshimiさんからメールが入りました。
4月3日に第二子を出産した彼女。一人目の男の子も2年前の4月3日でしたので、全く同じ日に二人目をミラクル出産。家族立ち会いの元、フリースタイルの出産方法は本当におすすめとの情報を得て彼女に紹介いただいた各務原にある『ゆりかご助産院』に早速足を運ぶことにしました。
RIMG0086.JPG

平屋で片流れの屋根。北側にある斜めのガラスから優しく降り込む光。
外観からしてもう既に癒される印象を受けました。

RIMG0092.JPGRIMG0089.JPG
インターホンを押すと中から助産士の赤塚さんが出ていらっしゃいました。

入ってすぐのリビングのような待ち合いでいろいろなお話をしてくださいました。
その中で印象的だったお話をいくつか紹介します。

まずゆりかごは助産院であること。
医療行為は行わないので出産できるのはお母さんとおなかの中の赤ちゃんの状態が正常に経過しているのが条件。健康な状態で生まれてくる赤ちゃんの条件の9割以上が妊娠中の暮らし方にあるそうです。
お産は胎児である我が子との対話。そう着床したときからもうすでに言葉にならない会話は進行しているのです。妊娠中の過ごし方は一律な指導はありません。会話の仕方が各々違うように千差万別なのです。
また高齢の出産はあまり危険だと考えていないようです。
若い=安産。高齢=危険。はあり得ないと...むしろ母親の健康状態が一番重要だそうです。

お話を聞きながら赤塚ワールドへどんどん引き込まれていきました。
過去に出産されたお母さんたちのアルバムを見ながら思ったこと...それは自然分娩のためどの赤ちゃんも奇麗であること。自然分娩への強いこだわりをもった母親の強い決意が写真から見て取れました。

話はまだまだつづき、戦後の医療機関と助産院の話に到りました。
戦後。助産師の制度がなかったアメリカに敗戦した日本はGHQの言うなりになってしまいました。
与えられた憲法の元に医療制度が見直され昭和40年代から出産は産婦人科ですることが主流となってきました。
第二次ベビーブームもあって赤ちゃん産業に群がる企業。
ミルクで育った巨大赤ちゃんが流行したのもこの時期だそうです。
結果、日本の現状を見てみると98%の産婦人科病院に対して1%しか助産院が無くなってしまいました。
時代背景もさることながら我々の中では産婦人科で出産することが常識化してしまった訳です。

さて2時間と長居させていただき到った結論。
それはここで産みたいという確信に変わったことでした。
たくさんあった不安を赤塚さんに一蹴していただきました。

一番印象的だったのは、二人目の出産に悩んでいた嫁が帰る頃には『出産がたのしみになってきた』と全く正反対の事を口にしていたことです。
嫁の表情に母親の強さを感じました。
http://www.yurikago-j.com/osan.htm

2012/5/16 名古屋市瑞穂区店舗打ち合せ

昨年改修工事でお世話になった名駅北側の整体専門学校。
担当の先生のお弟子さんが今回開業されるということで打ち合せにきました。
場所は名古屋市瑞穂区。
もともとミシンの販売として使われていた店舗の改修工事です。
ご希望に添えるよう打ち合わせを重ね竣工目指していきたいと思います。

2012/5/15 高山研修

取引のある商社主催の研修がありました。
久々の高山。雪深いこの地方ではその落下を防ぐように屋根勾配は非常に緩くなっています。
土地は広く各家の構えも大きい上に緩い勾配の屋根。見応えのある風景がつづきます。

午前中は材木加工場へ。
RIMG0006.JPGRIMG0008.JPGRIMG0009.JPG
近くの山で切り出した杉材を遠くに運ぶことなく近場で加工。
製品としてそのまま現場へ...
地元の材料を地元で消費する地産地消にはいろいろな効果が得られます。
運送にかかるコストの削減や排出するCO2の減少などなど。

これは2001年ころから言われているフードマイレジと似ています。
食料の ( = food) 輸送距離 ( = mileage)のことで食品の生産地と消費地が近ければフード・マイレージは小さくなる。よって運送の時に排出されるCO2が少なくて済むということ。

幸運にも木がふんだんに育っている岐阜で営業している弊社。
地元の木を使い家を提供していくことは地場の工務店の使命なのでしょう。

今回最も目を引いたのは,一本一本の材料に圧力を加えヤング係数を検査していました。
ヤング係数...変形しにくさ・たわみにくさを表す指標
こうすることで各材料の強度が約束されより安定した材労が供給できるとのことでした。

さて昼からは飛騨家具見学。
RIMG0018.JPGRIMG0019.JPGRIMG0011.JPGRIMG0023.JPGRIMG0020.JPGRIMG0031.JPG
製造工程で最も面白かったのは椅子の背当たりの木を曲げている工程。
材種はオークだと重いますが結構曲がるもんですね。
アールの奇麗な背当たりの椅子は商品としてよく目にしていましたがこんな風にしてつくられているんですね。
RIMG0055.JPGRIMG0059.JPGRIMG0049.JPG

アパレルと同じように流行があるそうで、最近出荷が多いのはアメリカンチェリーなどの少し黒みのかかった家具。
昔はB品で出荷していた節ありの家具が今はA品で出荷されることに熟練の職人は困惑しているそうです。
見学の最後にアウトレット館へ。
RIMG0042.JPGRIMG0044.JPGRIMG0045.JPGRIMG0037.JPGRIMG0046.JPGこの建物は古い学校と改修して造られたもので赴き深い建物でした。
写真は窓際ペリメーターゾーンのスチームでしょうか。
梁組は合掌とトラスの合わせ技で接合部の金具も古くてシブかったです。
お土産にオークの靴べらを800円で購入し帰ってきました。
収穫のある一日でした。

2012/5/9 娘の3回目の誕生日

娘の3歳の誕生日です。
晩ご飯にバアバが和樂の大好きなサーモンとイクラのちらし寿司を持ってお祝いに来てくれました。
RIMG0005.JPGRIMG0009.JPG
配色がなかなかよくて何枚も写真を撮っていると娘から想いもよらぬ言葉が...
「ジイジとバアバはもう帰っていいよ」
早く食べたかったんでしょうね。
子供は正直で困ります。

食後はお待ちかねのデザート。
手作りのケーキはとうきび糖と植物性生クリームのショートケーキ。
RIMG0021.JPG
ロウソクに火を点してHappy Birthday!!
RIMG0035.JPG
今年の12月にはお姉ちゃんになる予定の和樂。
おむつはもう少しで卒業出来そうです。
いい手本になるんだよ。

2012/5/6 四角家カフェ リトルムッシュ

午前中に新築の打ち合せを済ませた後の午後。
ゴールデンウィークにどこも連れて行けなかったダメパパの汚名返上で可児市内にあるカフェに行ってきました。
ここは昨年新築をしたM邸の近くで発見したカフェリトルムッシュ ここをクリック!
なかなか行けませんでしたが遂に今日実現しました。
場所は可児市土田の大栄幼稚園付近。
建物は少し奥まっているので見落としがちですが、駐車場の木の看板が目印です。
RIMG0051.JPG
建物は古いRC造の住宅をリフォームしてありました。
塗装した鋼製の扉や木製の格子にもセンスを感じますね。
RIMG0049.JPGRIMG0048.JPGRIMG0047.JPG

畑を横目にエントランスアプローチ。
この手入れが行き届いている畑の野菜はすべて食材になるのでしょう。
入店前からかなりのこだわりを感じつつ期待に胸を弾ませながら席に座りました。
RIMG0045.JPG

今日のランチメニューは
•グリーンピースのスープ
•たけのこのソテー
•新じゃがいものクリーム煮 スパイス仕上げ
•春野菜入りフスム
•宮崎産鶏肉のペーストを詰めた新玉ねぎのオーブン焼き
•チーズパテ
•菜園野菜サラダ
•自家製パン(おかわり自由)
RIMG0037.JPGRIMG0038.JPG

どの料理も味付けはシンプルで素材そのもののうまみを引き出すような...
そう、武道でいうところの合気道のような感覚。
柔軟な調理のしなやかさとこだわりぬいた素材のストイックさをもちあわせたランチでした。

仕上げにコーヒーと梅の実が入ったロールケーキをいただきました。
ケーキは待てずに手を付けてしまったので写真はこんな感じ...
RIMG0043.JPG
とほほ。卑しいですよね。
まったりとした素敵な午後を満喫しました。

2012/5/5 谷川俊太郎 

昨日は仕事で明日も打ち合せが入っているので今日は中日で一日休日。
以前から読みたかった谷川俊太郎の詩集を読んでいたのですが、そのなかに朝のリレーという詩がありました。
たしか小学校の教科書で読んだ記憶があり改めて読み返してみました。


朝のリレー 谷川俊太郎

カムチャッカの若者が
きりんの夢を見ているとき
メキシコの娘は
朝もやのなかでバスを待っている
ニューヨークの少女が
ほほえみながら寝がりをうつとき
ローマの少年は
柱頭を染める朝陽にウィンクする
この地球では
いつもどこかで朝がはじまっている


僕らは朝をリレーするのだ
経度から経度へと
そうしていわば交替で地球を守る
眠る前のひととき耳をすますと
どこか遠くで目覚まし時計のベルが鳴ってる
それはあなたの送った朝を
誰かがしっかり受け止めた証拠なのだ

RIMG0006.JPG←自宅北側の名鉄研修センター越しにみた空。

昨年の震災を経験した後にこの詩を読み返すと、なんだか子供の頃とはまた違ったものが見えてきました。
宇宙船地球号の乗組員の我々にできること...生じた問題を先送りにしないで未来を見据えて最適の結論を導きだしていくこと。
一人ひとりは非力ですが朝のリレーを終わらせることなく子から孫へ...そのまた次の世代へと繋いでいく責務があるんですね。
今日子供の日は自身39回目の誕生日。
おおよそ人生の折り返し地点でまたこの詩に再会できました。
平凡な毎日ですが今日もまた昨日と変わらない朝が迎えられた事に感謝感謝。
RIMG0001.JPGRIMG0005.JPG←これ夕ご飯時に自宅のテラスで鯖とサゴシを焼いてみました。遠赤外線効果で最高の味わい!食材費450円で得た幸せ!!

2012/5/4 Y邸ほぼ仕上がりました

Y邸の改修工事。
外部が仕上がった後の写真を撮影してきましたので掲載します。
外壁は内部の珪藻土色に似た色で吹き付け。
RIMG0099.JPG←beforeRIMG0027.JPG←after
アプローチ周りもほぼ完成いたしました。
RIMG0098.JPG←beforeRIMG0030.JPG←after
今日は北側のカーポートの浪板を張り替え完成。
RIMG0031.JPG
実用性と意匠性。相反する要素を考慮してまとめあげる...
なかなか難しいことですね。
RIMG0028.JPGRIMG0029.JPG←音楽一家のY邸。門柱はもちろんピアノの鍵盤で!
休み明けには植栽の工事があり彩り豊かな家にしあがることと思います。
お楽しみに。

2012/5/3 娘のプレゼント

今月5月は遠藤家では誕生日が2回あります。
5日が僕の39回目の。そして9日は娘の3回目のアニバーサリーです。
今年のゴールデンウィークは娘のプレゼントを製作するための期間となります。
昨年のクリスマスににキッチン(シンク)を製作したので今回はグリルを製作することになりました。
RIMG0019.JPG
昨日の晩に設計図を描いたので今日はギフ建の七宗工場に来て午後から開始。
RIMG0008.JPG
五徳とコンロのつまみは小口の丸い檜と槇の木で製作。
RIMG0007.JPG
その他は製材にある廃材のスプルスで。
RIMG0012.JPG
開始から5時間でようやく完成。
RIMG0022.JPG
早速グリルを持って娘の元へ。
目を大きく見開いて「うわーっ」と言った後早速エアクッキング。
何歳までこんな純粋無垢な喜び方をしてくれるのでしょう。
この瞬間に出会える喜び。
何よりもの自身の誕生日プレゼントでもあります。
次は何を造ろうか...
12月まで作戦を練っておきたいと思います。

2013/10/01〜
過去のブログにリンク
2014/6/01〜
過去のブログにリンク
2013/9/01〜
過去のブログにリンク
2013/8/01〜
過去のブログにリンク
2013/7/01〜
過去のブログにリンク
2013/6/01〜
過去のブログにリンク
2013/5/01〜
過去のブログにリンク
2013/4/01〜
過去のブログにリンク
2013/3/01〜
過去のブログにリンク
2013/2/01〜
過去のブログにリンク
2013/1/01〜
過去のブログにリンク
2012/12/01〜
過去のブログにリンク
2012/11/01〜
過去のブログにリンク
2012/10/01〜
過去のブログにリンク
2012/09/01〜
過去のブログにリンク
2012/08/01〜
過去のブログにリンク
2012/07/01〜
過去のブログにリンク
2012/06/01〜
過去のブログにリンク
2012/05/01〜
過去のブログにリンク
2012/04/01〜
過去のブログにリンク
2012/03/01〜
過去のブログにリンク
2012/02/01〜
過去のブログにリンク
2012/01/01〜
過去のブログにリンク
2011/12/01〜
過去のブログにリンク
2011/11/01〜
過去のブログにリンク
2011/10/01〜
過去のブログにリンク
2011/07/01〜
過去のブログにリンク
2011/06/01〜
過去のブログにリンク
2011/05/01〜
過去のブログにリンク
2011/04/01〜
過去のブログにリンク
2011/03/01〜
過去のブログにリンク
2011/02/01〜
過去のブログにリンク
2011/01/01〜
過去のブログにリンク
2010/12/01〜
過去のブログにリンク
2010/11/01〜
過去のブログにリンク
2010/10/01〜
過去のブログにリンク
2010/07/01〜
過去のブログにリンク
2010/06/01〜
過去のブログにリンク
2010/05/01〜
過去のブログにリンク
2010/04/01〜
過去のブログにリンク
2010/03/01〜
過去のブログにリンク
2010/02/01〜
過去のブログにリンク
2010/01/01〜
過去のブログにリンク
2009/10/01〜12/31
過去のブログにリンク
2009/05/01〜09/30
過去のブログにリンク